BUSINESS構内幹線敷設工事

幹線設備とは

幹線設備とは、受変電設備から分電盤までをつなぐケーブルやバスダクトなどの配線のことを言います。
用途によって適切な配線は異なり、送電量に適した幹線を、工場の構造や作業員の作業エリアなどを考慮して敷設します。

主な工事種類

  • 幹線の交換・増設・撤去

    幹線の交換・増設・撤去

    幹線の太さ・大きさによって、送電できる電力量が異なってきます。設備の増設により必要な電力が増加した場合、幹線の増設工事を行います。使用量に応じた幹線を敷設することが重要です。
  • 幹線の地中埋設工事

    幹線の地中埋設工事

    工場の構造や作業エリアの都合上、地上に幹線を敷設するのが困難な場合は、幹線を地中に埋設して敷設することも可能です。工場の新設時に行うことが望ましいです。
  • 幹線の架空配線工事

    幹線の架空配線工事

    架台を設置して幹線を天井付近に敷設する工事です。工場内の構造や作業エリアの都合により幹線ルートを変更する際に行います。埋設工事と違い、既存の幹線ルートの変更を手軽に行えます。
  • ケーブルラックの設置

    ケーブルラックの設置

    工場内に新たな機器を導入する際、既存のケーブルルートが邪魔になるケースがあります。工場の構造や美観など、様々な要素を考慮して最適なケーブルルートを実現します。
  • 分電盤の交換・増設・撤去

    分電盤の交換・増設・撤去

    幹線は受変電設備等の配電盤から、分電盤の一次側につながっています。そのため、幹線工事と共に分電盤の工事も行う必要があります。
  • 分電盤内のブレーカー増設・交換

    分電盤内のブレーカー増設・交換

    分電盤の1次側には、配線用遮断器や漏電遮断器が設置されており、幹線や分電盤を保護しています。幹線工事に伴い、これらの機器の工事も必要となります。

施工事例

お問い合わせ

見積もりや現地調査は無料で行っております。
電気工事に関して何かご質問やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
ページトップへ
© Nakamuradensetsu CO.,LTD.