CASEPAS及び高圧ケーブル更新工事

PAS(気中負荷開閉器)

PAS(気中負荷開閉器)とは、電力会社から電力を受け取るために事業者の敷地内に設置された1号柱(電力会社と事業者の責任分界点)に設置され、敷地内で電気事故が発生したときに外部へ波及事故をもたらさないようにする保護装置です。
PASの交換推奨期間は、環境によって異なりますが10~15年と言われています。
事故が起きてからでは遅いです。交換推奨時期になりましたら新しいものへと交換しましょう。

事例の概要

お客様のお困りごと

引き込み高圧ケーブルの耐用年数が過ぎており事故が発生する危険性があるため、PAS及び高圧ケーブルの更新を行ってほしいとのご要望をいただきました。

工事の詳細

耐用年数を経過した高圧ケーブルとPASの更新を行いました。停電時間を極力短くしてほしいとのご要望があったため、事前の準備工事を入念に行うことで対応しました。

工事の様子

before

after

スタッフより

保安点検で指摘されたら必ず更新を

受変電設備の各機器は、機器によって、また周辺環境によって大きく耐用年数が異なります。
保安点検で指摘された機器がある場合は、必ず更新工事を依頼しましょう。
私たちは、受変電設備の更新工事をこれまで数多く行ってきました。
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

見積もりや現地調査は無料で行っております。
電気工事に関して何かご質問やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
ページトップへ
© Nakamuradensetsu CO.,LTD.