SOLUTION中村電設工業のソリューション

補助金提案

設備更新を行う際、補助金を活用することでコストメリットを得ることができます。
更新計画がある事業所様はまずはご相談ください。

なぜ補助金が活用できるのか、解説します

国の目的を達成する為に補助金は出されます。
その意図を理解することが重要です。

補助金はなぜ出されるのでしょうか。それは、国の指針を推進する為と言えます。
例えば、経済産業省ではエネルギーの合理化(より少ないエネルギーでより多くの生産物を作る)や、環境省の脱炭素、国交省では建物の省エネ化というミッションを持っています。
それを実現させるうえでは、より性能の良い設備導入が必要となるのですが、それら設備は高額であり普及しない。それらを普及する為に、設備投資に関する補助金が設定されるのです。

したがって、補助金を活用するという事は、イニシャルコストは高いものの、ランニングコストが低く抑えられる高性能の設備を導入するということになります。

当社でご提案が可能な補助金

当社では以下の補助金の申請サポートを行う事ができます。
以下に記載しているのは2021年度に公募がかけられた補助金です。
2022年度の補助金予測も都度行っていますが、通年は毎年同様(似たもの)の補助金が公募される傾向にあります。

  • 経済産業省
    先進的省エネルギー投資 促進支援事業

    国内最大級の省エネ補助金であった「エネ合」の後発となる補助金制度です。4つの申請タイプから申請を行います。
  • 環境省
    脱炭素化取組推進事業

    昨年まで行われていたCO2削減ポテンシャル診断事業の後継となる補助金です。脱炭素化促進計画の策定支援事業と設備更新に対する補助事業の2段構成の補助金です。
  • 環境省
    太陽光発電設備等促進事業

    注目を集める再生可能エネルギー。その導入に向けた補助金が環境省より発表されています。今回の対象は自家消費太陽光設置と蓄電池が対象となります。

補助金採択に向けた重要な3つの視点

補助金の採択に向けて重要となる3つの視点についてご紹介します。
公募されて動き始めるというのは補助金の性質上良い手法とは言えません。上手に活用するポイントについて解説します。

補助金の情報収集からスタート

自社の設備更新計画と、国や県、自治体が出している補助金情報をしっかりと収集しましょう。
その上で、どの補助金が活用できそうか見当を付けるところから補助金活用はスタートします。

前年の10月頃から徐々に準備をスタート

補助金は公募が発表されてから公募期間締め切りまで約1ケ月程度しかありません、したがって、補助金が発表された後にすぐに準備をしてスタートするというのは得策とは言えません。また、機器メーカーなども情報を持っていますので、そこからのヒアリングも重要です。

サポート業者を活用しましょう。もちろん、中村電設工業もサポートします!

良いサポート業者を見つけましょう。補助金申請をサポートする事業者は、補助金分析を行い採択されるポイントを自社ノウハウとして持っています。申請には多くの工数と手間が必要です。せっかく申請をしても採択されなければ勿体ないものです。是非良いサポート業者と一緒に申請を進める事をお勧めします。

当社の補助金サポートは情報発信から行っています

ニュースレター、メルマガ、Youtube動画にて
補助金情報の発信を行っています

当社では、ニュースレター、メルマガ、Youtube動画にて補助金情報の発信を行っています。公募が開始されたご案内や、公募内容や申請の不明点の解説動画、また、採択結果に関する傾向分析などを行っています。
まだ、私達の情報をご覧になってない方は、是非お気軽にご覧いただけますと幸いです。
そして、具体的な補助金活用のタイミングがございましたら、ご相談ください。

対応可能なエリア

埼玉県幸手市を中心に、茨城県、千葉県、栃木県、群馬県も対応可能

私たちは、埼玉県幸手市を中心に、埼玉県東部、千葉県北西部、茨城県南西部、栃木県南部、群馬県南東部で電気工事を行っております。
これらの地域で電気工事会社を探してる方は、お気軽にお問い合わせください。

【主な対応可能なエリア】
<埼玉県>
幸手市、さいたま市岩槻区、春日部市、杉戸町、蓮田市、伊奈町、久喜市、加須市、鴻巣市、羽生市、白岡市
<千葉県>
野田市
<茨城県>
坂東市、八千代町、境町、五霧町、古河市
<栃木県>
野木町、小山市、
<群馬県>
板倉町、館林市、明和町

施工事例

お問い合わせ

見積もりや現地調査は無料で行っております。
電気工事に関して何かご質問やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
ページトップへ
© Nakamuradensetsu CO.,LTD.