SOLUTION中村電設工業のソリューション

電力の見える化&電気代削減対策

近年、電気代は高騰し続けています。国際情勢の影響や燃料代の高騰により、今後もさらに電気代が上がっていくことが予想されます。
電気を大量に使用する工場などの事業所にとって、電気代の高騰は非常に大きなダメージとなるため、何としてでも電気代を削減させたいものです。
そのため、「電力の見える化」と適切なエネルギーマネジメントは必ず取り組むべき課題と言えます。

このようなお困りごとはございませんか?

  • 電気代の高騰で年々コストが増大している
  • 契約電力が昨年より増大している
  • 特に夏場、冬場の空調代が大きい
  • 全体でなく系統単位での電力量を把握したい
  • 適正な省エネを実現したい

これらのお悩みを解決する方法をご紹介します。

電力量監視&自動制御を実現するEMSの主な機能

上記のようなお悩みを抱える事業者様が多いため、工場やビルなどのエネルギー使用量の可視化、管理等を実現するEMS(エネルギーマネジメントシステム)が徐々に注目されています。
様々なメーカーからいろいろなシステムが開発されていますが、今回弊社でご紹介するEMS、「電力マネージャー」の機能について解説します。

①デマンドコントロール機能

電気代の基本料金は、契約電力によって決定されます。
この契約電力を決定するのが、「デマンド値」というもので、30分間の使用電力平均値のことです。
つまり、このデマンド値をコントロールすることが基本料金の削減、つまり電気代の削減につながります。

「電力マネージャー」は、毎分電力使用量を計測し、契約電力が増加する可能性が出てきた際に、使用電力量を制御します。

②インバーター制御機能

空調機のうち、最も電力を消費するのが、室外機のインバーターです。
このインバーターをデマンド時限単位(30分間)で最初の5分停止させ、26分間稼働させるというものを繰り返します。
5分間の停止中は空調は送風状態となり、さほど大きな室内温度変化はありません。

③各系統ごとの電力量を計測

全体の電力使用量のみ把握したとしても、具体的にどこのライン・系統で多く電力が使用されていて、どこでまだ削減の余地があるのかがわからなければ、対策ができません。
全体だけでなく個別で電力量を把握することが重要ですが、「電力マネージャー」では、各系統ごとの使用電力量をCTにより計測し、把握することができます。
これにより、電力をあまり使用していない箇所はデマンド目標値を下げて設定するなどの対策も講じることができます。

④スマホ・PCでリアルタイム監視&メールで異常を通知

使用電力のデータは、スマホやPCでいつでもどこでも見ることができます。
また、デマンド目標値に近づいてきてしまったときには、メールでそれを知らせることができます。

電力マネージャーで実現できること

脱炭素化への取り組み

最近では、多くの企業で脱炭素への取り組みが求められるようになってきました。
「具体的にどのように脱炭素へ取り組めばよいかわからない。」という方に、このシステムによる省電力化をおすすめします。
電力を使用する際にも、その電力を発電するのにかかるCO2排出量が算定されます。
太陽光発電システムなどのCO2を排出しない電力への切り替えが難しい場合は、まずは電力削減によるCO2排出量削減を図りましょう。

IoT化・スマートファクトリー化

近年、IoTなどにより工場を自動化し、省人化や効率向上を実現させた工場「スマートファクトリー」という言葉が注目を集めています。
このEMSも、スマートファクトリー化をすすめるひとつの方法です。
通常のデマンドコントローラーでは、デマンド目標値に近づいたら、三色灯などで異常を知らせ、スタッフが現場に行って空調を止めるなどの施策を行っていました。
しかし、このシステムは自動で制御まで行うため、わざわざ現場に行って調整する必要がありません。

電気代削減・電力見える化は中村電設工業にお任せください。

「電気代を削減したい」「電力をもっとリアルタイムで細かく監視したい」といったお悩みがある方は、わたしたちにお気軽にご相談ください。
皆様に最適なご提案をし、工事まで一貫して対応いたします。

お問い合わせ

見積もりや現地調査は無料で行っております。
電気工事に関して何かご質問やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
ページトップへ

主な対応エリア

埼玉県
幸手市、さいたま市岩槻区、春日部市、杉戸町、蓮田市、伊奈町、久喜市、加須市、鴻巣市、羽生市、白岡市
千葉県
野田市
茨城県
坂東市、八千代町、境町、五霧町、古河市
栃木県
野木町、小山市
群馬県
板倉町、館林市、明和町

その他の地域の方もご相談の上、対応させていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

© Nakamuradensetsu CO.,LTD.