CASE工場内防爆エリアにおける照明LED化工事

防爆エリアでの照明工事

照明を設置する際、注意が必要な必要な場合があります。それが、薬品を取り扱う工場などにある防爆エリアです。
防爆エリアでは、可燃性ガスや可燃性液体の蒸気が空気中に放出されている可能性があるため、爆発を防止する構造(防爆構造)が施された照明を設置しなければなりません。
今回は、防爆用のLED照明の導入事例をご紹介します。

事例の概要

お客様のお困りごと

化粧品製造業のお客様より、古くて点灯しなくなった蛍光灯をLED照明に更新してほしいとのご要望をいただきました。

工事の詳細

工事対象となる場所は防爆エリアだったため、防爆仕様のLEDを取り寄せ、更新工事を行いました。
LEDは蛍光灯より光度が高いため、以前より明るくなったと喜んでいただけました。

工事の様子

before

after

スタッフより

周辺環境に適した照明を提案

LEDは省エネ性能も高く、また蛍光灯や水銀灯などと比べて寿命が長いことが知られていますが、LED照明が適さない環境もあります。
薬品を扱う環境や高温・超低温環境には適さず、交換してすぐに球切れが起きてしまうこともあります。
私たちは、お客様の施設状況に合わせ、それに適した仕様を施されたLED照明をご提案します。

お問い合わせ

見積もりや現地調査は無料で行っております。
電気工事に関して何かご質問やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
ページトップへ
© Nakamuradensetsu CO.,LTD.