CASE機械新設に伴う電源工事

機械の新設に伴う動力設備工事

新たな機械を導入する際、それに伴い使用電力も大きくなります。
そのため、既存の動力設備では容量が足りず、機械を稼働しようとするとブレーカーが落ちてしまうこともあります。
工場内の設備の稼働状況が変わる際、それに合わせた最適な容量の動力設備へと変更することが大切です。

事例の概要

お客様のお困りごと

工場内に新しい機械を入れるため、電源工事をしてほしいとのことでした。
また、配管・配線の敷設に関しても、設備の稼働状況や従業員の動線を踏まえて最適なルートで敷設してほしいとのご要望をいただきました。

工事の詳細

新しい機械を導入するにあたり、ブレーカー容量を上げ、それに合わせて配管及び配線工事を行いました。
また、コストを最小限に抑えるため、コンセント等は既設のものを再使用しました。

工事の様子

before

after

スタッフより

機械導入時に注意すべき電気容量

設備投資などで新しい機械を導入する際、注意すべき点が電気容量です。
電気使用量が急激に増える場合、当初の動力設備では容量が足りなくなる場合があります。
その結果、頻繁にブレーカーが落ちてしまうなどの弊害が生じます。
私たちは、設備の導入に伴い、電気容量の計算から最適な配線・配管ルートの敷設、既存設備を活かしてコストを抑えた電源工事を行います。

お問い合わせ

見積もりや現地調査は無料で行っております。
電気工事に関して何かご質問やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
ページトップへ

主な対応エリア

埼玉県
幸手市、さいたま市岩槻区、春日部市、杉戸町、蓮田市、伊奈町、久喜市、加須市、鴻巣市、羽生市、白岡市
千葉県
野田市
茨城県
坂東市、八千代町、境町、五霧町、古河市
栃木県
野木町、小山市
群馬県
板倉町、館林市、明和町

その他の地域の方もご相談の上、対応させていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

© Nakamuradensetsu CO.,LTD.