CASELBS(高圧交流負荷開閉器)への更新工事

近隣への波及事故を防ぐ役割のLBS(高圧交流負荷開閉器)

LBS(高圧交流負荷開閉器)とは、トランスやコンデンサーの一次側に設置する高圧開閉器のことを言います。
お客様の事業所内で電気事故が発生した際に回路を遮断し、外部への波及事故を防ぐ役割を持っています。
LBSの寿命は、置かれている環境によって大きく異なりますが、10~15年と言われています。
長年使用し劣化が進んでいる場合は、交換が必要です。

事例の概要

お客様のお困りごと

薬品関連工場にて受変電設備の工事を行いました。
お客様の事業所では、これまでPCS(プライマリーカットアウトスイッチ、PCとも言う)を使用していました。
PCSは比較的安価ではあるものの、小規模施設向けのもので開閉性能はLBSに劣ります。
より安全性が高く、高機能なLBSに交換してほしいとのご依頼でした。

工事の詳細

工場を停電させ、まずは古いPCSを取り外しました。
LBSは同一仕様の機種へ更新することにより工事時間を短縮し、のちのメンテナンスをスムーズにできるような施工を行いました。

工事の様子

before

after

スタッフより

劣化した機器の放置は危険です!

今回はPCSからLBSへの更新でしたが、古いLBSから新しいLBSへの交換工事もよくあります。
LBSなどの受変電設備の機器は、劣化した状態を放置して故障が起こると、大事故を引き起こす可能性があります。
保守管理会社より更新が必要などと指摘を受けた際は、放置せずに交換工事を行いましょう。

お問い合わせ

見積もりや現地調査は無料で行っております。
電気工事に関して何かご質問やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
ページトップへ

主な対応エリア

埼玉県
幸手市、さいたま市岩槻区、春日部市、杉戸町、蓮田市、伊奈町、久喜市、加須市、鴻巣市、羽生市、白岡市
千葉県
野田市
茨城県
坂東市、八千代町、境町、五霧町、古河市
栃木県
野木町、小山市
群馬県
板倉町、館林市、明和町

その他の地域の方もご相談の上、対応させていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

© Nakamuradensetsu CO.,LTD.