COLUMN電気の基礎知識

令和4年度先進的省エネルギー投資促進支援事業費補助金の採択結果解説

2022年9月5日
  • 補助金

先進的省エネルギー投資促進支援事業費補助金とは

省エネ関連の補助金で、大規模で最も注目度が高いのが「先進的省エネルギー投資促進支援事業」です。
この補助金事業は、地球環境問題への対応やカーボンニュートラル実現を目的に、省エネ性能の高い設備を導入する企業に対し補助金を給付する事業です。

特徴は、(A)~(D)の4つの事業区分に分かれていることです。

(A)先進事業

高い技術力や省エネ性能を有している先進的な設備を導入する事業
水素ボイラ、バイオマスボイラ、ドレン回収装置、ガスエンジン発電システム、気化冷却装置などが対象設備

(B)オーダーメイド型事業

個別設計が必要な特注設備等の導入を含む設備・システム等の複合的な更新を行う事業
複数事業者が連携した省エネ取組も補助対象となる

(C)指定設備導入事業

執行団体(SII)によりあらかじめ指定された設備の導入事業
9つのユーティリティ設備(高効率空調、業務用給湯器など)と5つの生産設備(工作機械など)が対象設備

(D)エネマネ事業

エネマネ事業者とエネルギー管理支援サービスを提携し、EMS制御や運用改善により効率的・効果的な省エネ取組を行う事業

中でも注目なのが、設備単位で申請でき、比較的ハードルが低い(C)指定設備導入事業です。
多くの事業者にとって活用しやすい補助金事業です。

補助金活用の準備は、前年度の採択結果の把握から

来年度以降の設備更新について補助金の活用を考えている場合、準備のステップはおおまかに以下のようになります。

  1. 前年度の補助金採択結果の把握(8月末発表)
  2. 来年度の概算要求の確認(12月末)
  3. 申請代行会社と書類の準備&メーカー・工事会社と見積もりの作成
  4. 書類作成&申請(6月以降)

補助金で採択されるための重要なポイントは、早めの準備です。
その第一歩目となるのが、前年度の採択結果の把握です。
そこで今回は、令和5年度以降でこの補助金の活用を検討している方に向けて、令和4年度の本補助金の採択結果とそのポイントを解説いたします。

事業区分別採択結果とポイント

()内は昨年度数値申請件数採択件数採択率採択金額合計計画省エネ量
(A)先進事業
(B)オーダーメイド型事業
(D)エネマネ事業
119件
(70件)
66件
(59件)
55.5%
(84.3%)
33.8億円
(24.3億円)
94,619.7kl
(37,139.7kl)
(C)指定設備導入事業1,594件
(2,323件)
828件
(1,241件)
51.9%
(53.4%)
53.8億円
(89.8億円)
15,738.5kl
(22,128.8kl)

()内は昨年度数値平均省エネ率(%)平均省エネ量(kl)平均経費当たり省エネ量(kl/千万円)
(A)先進事業
(B)オーダーメイド型事業
(D)エネマネ事業
19.6%
(15.9%)
1,433.6kl
(629.5kl)
11.7kl/千万円
(11.7kl/千万円)
(C)指定設備導入事業41.0%
(36.6%)
19.0kl
(17.8kl)
16.6kl/千万円
(14.6kl/千万円)

事業区分別採択結果のポイント

全体的に採択基準が厳しくなっている

平均省エネ率・量・平均経費当たり省エネ量を見ると、昨年度より基準が高くなっていることがわかります。

(C)指定設備導入事業以外の採択率が大幅減少

(C)指定設備導入事業の採択率は昨年度とあまり変わらないのに対し(53.4%→51.9%)、A・B・Dの大型事業については、採択率が大きく減少しています(84.3%→55.5%)。

(C)指定設備導入事業の設備別採択結果とポイント

ユーティリティ設備

()内は昨年度数値申請件数採択件数採択率平均省エネ率(%)平均省エネ量(kl)平均経費当たり省エネ量(kl/千万円)
高効率空調800件
(948件)
418件
(594件)
52.3%
(62.7%)
49.2%
(47.2%)
20.6kl
(16.4kl)
16.7kl/千万円
(14.8kl/千万円)
業務用給湯器27件
(20件)
9件
(6件)
33.3%
(30.0%)
37.5%
(14.3%)
7.7kl
(3.8kl)
13.6kl/千万円
(20.8kl/千万円)
高性能ボイラ198件
(376件)
102件
(239件)
51.5%
(63.6%)
5.9%
(5.6%)
16.2kl
(12.7kl)
15.7kl/千万円
(14.2kl/千万円)
高効率コージェネレーション2件
(7件)
0件
(2件)

(28.6%)

(16.2%)

(6.1kl)

(8.6kl/千万円)
低炭素工業炉11件
(16件)
6件
(10件)
54.5%
(62.5%)
47.8%
(37.1%)
79.2kl
(48.2kl)
55.0kl/千万円
(27.1kl/千万円)
変圧器44件
(53件)
16件
(33件)
36.4%
(62.3%)
60.8%
(56.3%)
11.9kl
(6.6kl)
13.3kl/千万円
(10.6kl/千万円)
冷凍冷蔵設備211件
(218件)
129件
(135件)
61.1%
(61.9%)
40.0%
(29.4%)
20.9kl
(25.6kl)
23.1kl/千万円
(22.4kl/千万円)
産業用モータ132件
(159件)
75件
(101件)
56.8%
(63.5%)
13.6%
(12.7%)
10.8kl
(6.8kl)
16.7kl/千万円
(19.4kl/千万円)
調光制御装置28件
(40件)
16件
(26件)
57.1%
(65.0%)
49.1%
(52.8%)
32.5kl
(17.9kl)
55.3kl/千万円
(49.5kl/千万円)
合計1,453件
(1,843件)
771件
(1,150件)
53.1%
(62.4%)
38.5%
(33.4%)
17.2kl
(15.8kl)
18.6kl/千万円
(16.7kl/千万円)

生産設備

()内は昨年度数値申請件数採択件数採択率平均省エネ率(%)平均省エネ量(kl)平均経費当たり省エネ量(kl/千万円)
工作機械104件
(328件)
50件
(92件)
48.1%
(28.0%)
58.9%
(56.9%)
28.1kl
(17.6kl)
3.1kl/千万円
(2.9kl/千万円)
プラスチック加工機械69件
(149件)
33件
(49件)
47.8%
(32.9%)
59.5%
(56.4%)
24.5kl
(30.3kl)
7.5kl/千万円
(11.3kl/千万円)
プレス機械10件
(63件)
5件
(18件)
50.0%
(28.6%)
65.4%
(66.0%)
12.0kl
(10.9kl)
0.9kl/千万円
(1.3kl/千万円)
印刷機械27件
(79件)
13件
(23件)
48.1%
(30.4%)
58.1%
(52.1%)
17.8%
(27.4kl)
2.5kl/千万円
(3.4kl/千万円)
ダイカストマシン9件
(9件)
5件
(4件)
55.6%
(44.4%)
20.0%
(32.0%)
17.4kl
(8.9kl)
4.6kl/千万円
(2.5kl/千万円)
合計219件
(628件)
106件
(187件)
48.4%
(29.6%)
57.5%
(56.5%)
23.4kl
(21.4kl)
4.4kl/千万円
(5.0kl/千万円)

設備別採択結果のポイント

生産設備の採択率が全体的に大幅アップ

令和3年度の生産設備の採択率は29.8%と低かったです。この結果を受けてか本年度は申請件数が下がり、採択率が大幅に上昇しています。
この結果を受けて、来年度は逆に申請数が増えて採択率が下がることも可能性として考えられます。

変圧器の採択率が大幅減少

変圧器の採択率は、62.3%から36.4%と大幅に下がっています。
採択率の比較的高いユーティリティ設備は、高効率空調(52.3%)、高性能ボイラ(51.5%)、低炭素工業炉(54.5%)、冷凍冷蔵設備(61.1%)、産業用モータ(56.8%)、調光制御装置(57.1%)であり、これらが狙い目の設備と言えます。

補助金を活用した設備更新は私たちにご相談ください

私たちは、これまでにお客様の補助金申請をサポートし、採択された実績があります。
また、補助金に関するお役立ち情報を、随時メールマガジンや紙媒体でお客様に提供しております。

補助金を活用した設備更新を検討されている方は、お気軽に私たちにご相談ください。

お問い合わせはこちら

コラム一覧へ戻る

お問い合わせ

見積もりや現地調査は無料で行っております。
電気工事に関して何かご質問やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
ページトップへ

主な対応エリア

埼玉県
幸手市、さいたま市岩槻区、春日部市、杉戸町、蓮田市、伊奈町、久喜市、加須市、鴻巣市、羽生市、白岡市
千葉県
野田市
茨城県
坂東市、八千代町、境町、五霧町、古河市
栃木県
野木町、小山市
群馬県
板倉町、館林市、明和町

その他の地域の方もご相談の上、対応させていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

© Nakamuradensetsu CO.,LTD.